福井大学 工学部・工学研究科>原子力・エネルギー安全工学専攻>学習教育目標

原子力・エネルギー安全工学専攻

学習教育目標

原子力・エネルギー安全工学専攻の理念

 福井大学大学院工学研究科では、エネルギー及び原子力に関する問題を「安全と共生」という観点から学際的・学術的にアプローチし研究を行う場として、平成16年4月に独立専攻としての博士前期課程に「原子力・エネルギー安全工学専攻」を設置し、学年進行に伴って平成18年4月には同専攻を博士後期課程に設置しました。さらに平成25年度からは、工学研究科の再編に伴い、博士後期課程は創成工学専攻に再編されました。
  本専攻では、多くの原子力発電所が立地する福井県にある大学として、原子力発電及びその立地地域における安全性の確保、共生社会システムの模索、電力ネットワークの安定、技術移転による地域産業の活性化などの諸課題に関する実践的かつ多面的な教育・研究を行います。

原子力・エネルギー安全工学専攻が目指すもの

 原子力・エネルギー安全工学専攻は,日本のエネルギー事情と原子力エネルギーの役割の重要性、原子力の環境および社会における受容性、原子力技術者の不足という現実を鑑み、「安全と共生」をキーワードとして、原子力とエネルギーにおける諸課題に関する研究を進展させ、同時に、この分野で活躍できる高い倫理観を持つ高度専門技術者を育成することを目的としています。  特に、多くの原子力発電所が立地する福井県に位置する本学の立場を生かして、より実践的な研究・教育をおこなうことを目指しています。

原子力・エネルギー安全工学専攻の構成

 2009年4月に設立された福井大学附属国際原子力工学研究所が加わったことにより、炉物理・炉工学から、安全・エネルギーに関わる基盤技術や共生社会学まで、原子力に関わる広範な教育研究体制を整えています。
  現在の原子力・エネルギー安全工学専攻は、基幹講座、連携講座、附属国際原子力工学研究所の3つから構成されています。

研究・教育上の特色

■基幹講座3分野、附属国際原子力工学研究所1分野の4分野より構成

各分野の教員は機械工学、電気工学、情報工学、物理工学、社会基盤工学を背景とする研究者で構成されています。

■連携講座を設置

連携講座として、日本原子力研究開発機構(JAEA)および原子力安全システム研究所(INSS)の研究者も本専攻客員教員として参加し、原子力とエネルギーに関する安全工学の総合的な教育研究を推進する体制を準備しています。

■社会人のより専門的・総合的な教育センターとしての役割

本専攻では、企業や地方自治体等に在籍する社会人を積極的に受け入れます。これらの方には各自のさまざまな事情を考え、講義時間や履修期間に関する特別な措置をとることが可能となっています。

■留学生の積極的な受け入れ

福井大学ではこれまで外国人留学生を積極的に受け入れていますが、本専攻においてもこれまで以上にこれを積極的に推し進め、「原子力・エネルギー安全工学」という新しい分野が世界的に進展することに貢献します。

■本専攻への進学を目指す学部生の支援プログラム

副専攻コースでは、学部の学生が、原子力・環境・エネルギー・技術者倫理・安全を体系的に学ぶことができます。本コースを履修すると、原子力・エネルギー安全工学専攻での専門的学習に備えた、十分な基盤を作ることができます。

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 原子力・エネルギー安全工学専攻 All right reserved.