福井大学 工学部・工学研究科>原子力・エネルギー安全工学専攻>原子力・エネルギー安全工学コース(副専攻)の紹介

原子力・エネルギー安全工学専攻

原子力・エネルギー安全工学コース(副専攻)の紹介

原子力・エネルギー安全工学コース(副専攻)

 平成21年度に、本コースを工学部に新設しました。原子力・エネルギー安全工学専攻の導入教育となるコースです。このコースでは、学部の学生が、原子力・環境・エネルギー・技術者倫理などを体系的に学ぶことができます。本カリキュラムの修了要件を満たした者には、副専攻として『原子力・エネルギー安全工学コース(副専攻)修了証』を学長名で発行します。

◇関連リンク:原子力・エネルギー安全工学コースへ

区   分 授 業 科 目 単位数 毎週授業時間数 備 考
2年次 3年次 4年次
コース専用科目 原子力システム概論 2 2 2~4年次に履修
技術者倫理と社会的責任 2 2
放射線の化学 2 2
量子ビーム工学 2 2
核燃料サイクル工学 2 2
地球環境とエネルギーセキュリティ 2 2
原子炉物理学・原子炉工学基礎 2 2
原子炉材料・核燃料工学 2 2
原子炉構造工学概論 2 2
原子力・エネルギー安全工学実習 2 2
放射線の生物影響と防護 2 2
原子力関連法令と国際基準 2 2
原子力安全・防災論 2 2
全学科共通科目 放射線安全工学 2 2 3、4年次に履修
合       計 28  

上記カリキュラム表から合計20単位以上を履修すること。

○印の科目は、工学部全学科共通の専門基礎科目として、各学科の要件に応じ工学部の卒業に必要な単位数に含めることができる。
☆印の科目は、共通教育科目の専門教育・副専攻科目(B群)として、工学部の卒業に必要な単位数に含めることができる。
ただし、卒業に必要な単位数として認められるのは6科目12単位までである。
また、履修に際し、以下の旧科目を単位修得している場合、対応する新科目は履修できない。

旧科目   新科目
技術者の倫理と安全確保 技術者倫理と社会的責任
放射線化学・放射線生物学 放射線の化学
量子エネルギー工学 量子ビーム工学
地球環境・エネルギーと原子力 地球環境とエネルギーセキュリティ
原子力システム 原子炉物理学・原子炉工学基礎
原子炉材料工学 原子炉材料・核燃料工学
原子炉材料工学 原子炉構造工学概論
原子燃料工学 放射線の生物影響と防護
原子力の法令制度と制作 原子力関連法令と国際基準

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 原子力・エネルギー安全工学専攻 All right reserved.