福井大学 工学部・工学研究科>原子力・エネルギー安全工学専攻>入試情報>社会人学生に対する支援

原子力・エネルギー安全工学専攻

入試情報

社会人学生に対する支援

福井大学工学研究科では,社会人学生に対する支援制度を設けています.

1,長期履修制度

参考リンク先

通常の場合,前期課程(修士課程)では標準修業年限は2年,後期課程(博士課程)では標準修業年限は3年です.
これを,標準より長い期間をかけて履修することができるのが長期履修制度です.
長期履修制度を利用して,例えば標準で2年間のところを4年間かけて履修すれば,時間的負担が相当程度軽減されます.
しかも,学費は2年分を収めるだけで済みます.

2,教育方法の特例

平日日中の履修が困難な場合,あらかじめ申請することによって,夜間その他特定の時間又は時期に学習や研究の指導を受けることができます.

3,他の大学院等における研究指導

教育上有益と認められた場合には,他の大学院(外国の大学院を含む。)又は,研究所等において必要な研究指導を受けることができます.

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 原子力・エネルギー安全工学専攻 All right reserved.