福井大学 工学部・工学研究科>機械工学科・工学専攻>講座・研究の紹介>機能創成工学講座

機械工学科
機械工学専攻

講座・研究の紹介

機能創成工学講座 Design and Manufacturing Engineering

研究の紹介

 機械が設計・生産される場合,材料選択,設計・デザイン,強度・耐久性,加工・精度といったような技術やノウハウが必要とされます.このような設計・生産に関する必要な知識の修得およびそれらに関する研究を行なうのが機能創成工学講座で,大きく分けて4つの分野に分類されます.
 材料設計分野では,各種機能を有する機械材料の評価,設計,創成および調質・接合に関する教育研究について,また,構造設計分野では,構造力学と材料の強度特性に基づいて,負荷を受ける構造物の応力・変形解析を行ない安全で省資源な構造物の形状設計に関する教育研究を行なっています.一方,機械の小型化(マイクロマシン),高知能化にとって各種機械要素の表面が果たす役割はますます重要になっています.表面設計分野では,高精度で高信頼性・長寿命の機械要素や機械システムを設計するための表面機能の創製とそれらの評価法および摩擦面や潤滑油の劣化診断に関する研究を,また,加工・生産システム分野では,高精度で高効率に多品種少量生産に対応するための加工技術・加工システム,各種材料の加工特性などに関する研究を行っています.
 関連講座として,大学院原子力・エネルギー安全工学専攻原子力安全工学講座があり,プラントの安全・安心を支援するための研究・開発を行っています.また,敦賀キャンパスの国際原子力工学研究所とも連携して研究を行っています.

研究分野

research01
research02
research03
research04
research05
research06

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 機械工学専攻 All right reserved.