福井大学 工学部・工学研究科>機械工学科・工学専攻>就職活動>機械工学科学生の就職状況(2014年度)

機械工学科
機械工学専攻

在学生の方々へ

就職活動

8.機械工学科学生の就職状況(2014年度)

8-1 傾向

 2008年度の売り手市場が一転し,世界同時不況によって2009年度の就職活動は厳しくなり,2010年度はより一層厳しさを増しました.殆どの企業が新卒採用を抑制しており,特に事務系の新卒採用が落ち込みました.技術系の新卒採用も減りましたが,団塊の世代(第一次ベビーブーム世代 1947年~1949年生まれ)の大量定年退職を迎え,必要最小限の技術系新卒採用が行われました.
 そのため,少ない採用枠に多くの就活学生が応募し,内定を得るのが困難な状況になりました.また,大学院生は,学部生に比べて大手企業に就職する割合が高いのは例年通りです.このような状況を反映して,学部学生の半数近くが大学院進学を希望します.

 大学院では大学推薦で応募する割合が学部より多くなっています.2015年4月入社について大学推薦で応募し,内定した学生の就職希望者総数に対する割合は,学部で13%(後付け推薦を含まず),大学院で75%(後付け推薦を含まず)でした.これより,大学院では推薦で合格する割合が学部に比べ非常に高くなっています.また,2015年4月入社の大学院生の推薦内定率が,例年の50%-60%に比べ75%となり高くなっています.さらに,求人(推薦依頼を含む)で大学を来訪される多くの企業の担当者は,学生の教育に多大な時間を費やしている国立大学で教育・研究を指導された学生に対して信頼と期待を寄せています.しかしながら,採用予定数を大きく超える応募者があるような最近の求人状況下では,企業に適した人材を採用する企業の選抜の目は一層厳しくなっています.そのため,大学推薦が直ちに内定獲得に繋がるものでないことは当然です.

 最近は多くの企業が自由応募による採用を行っており,インターネット上に採用情報を開示しています.このため,学生はインターネットを介して企業の情報を収集するとともに,就職を希望する企業にエントリーし受験した後,4~5月までには就職する企業を確定しています.大学推薦については,2014年度は3月初旬に推薦企業を決定し,4月に入ってから応募を始めて選考が行われました.おおよそ1ケ月後には進路担当教員および本人宛に結果が連絡されています.迷っていて応募が遅くなればなるほど,選択肢がだんだん少なくなり,厳しい選考に直面することになります.

 なお,就職に関する重要なこととして「2015年の広報活動開始を3月1日,採用選考開始を8月1日に変更する」という採用に関する指針が経団連から2013年9月13日に公表されていますが,2015年についてどの程度の企業がその採用選考開始時期変更を守るかよく分かっていません.

 求人企業の本社所在地としては東京が多くなっていますが,卒業生が働く事業所,工場の所在地と本社所在地は一致しないことが多いので参考程度に考えて下さい.やはり,出身地へのUターン就職希望者が多いようです.しかし,出身地域からの求人企業数が少なく,希望を実現できなかった学生もいます.特に,福井県内の企業の大半は大学推薦による採用を行っておらず,自由応募のみで採用を行っています.福井県出身者が福井県内の企業を希望する場合には,早くから入社試験に向けて準備することが肝要です.

 福井大学では,毎年工学部関連の県内外の求人企業を集めた合同企業説明会を本学の学生を対象にして実施しています.2014年度は2月10日(月)~13日(木)の4日間に合同企業説明会が総合研究棟Ⅰの13階会議室で開催されました.この説明会には採用を希望する320社が参加し,学生と直接面談を行いました.合同企業説明会は企業の事業内容を直接聞くことができる絶好の機会です.説明会に参加して,就職を希望している企業の内容をよく理解した上で,応募企業を決めることを推奨します.応募の際のミスマッチを回避するためにも,必ず参加してください.

 学生の就職傾向としては,大学院学生は学部生に比べて大手企業志向が強く,大学院学生の多くが大手企業に内定しています.しかし,これからの就職は企業規模で選択するというより,その職場に将来性があるか,働きがいがあるかによって選択することが重要です.
 最近は,大学推薦だからといって簡単に内定がもらえる時代ではありません.企業側は,学生の人間性・活力・適応性を十分に見極めて選抜するようになってきています.

8-2 就職に関して入学時から心掛けてほしいこと
1. 自分の適性を知ること

 最近は,どのような企業でも就職試験に適性検査を課しています.企業は,消極的より積極的な人,内向的より外向的な人,自己中心より協調性のある人,バイタリティがあり未知のことに果敢に挑戦する人,独創性のある人を求めています.しかし,全てを満足するような人はいません.就職支援室や生協では,3年生を対象とした就職説明会の開催時に適性試験の模擬試験を行っています.3年生に限らず,低学年でも受験できますから,できるだけ受験してみて下さい.そして,自分を知り,自分に足りないところを部活動などによって変えていくように心掛けて下さい.

2. 他の人にない特徴をもつこと

 単に成績が優秀だけでは内定をもらえません.英語力(福井でも受験できるようになった TOEIC(500点以上を取って申請すると英語の単位が認定されます),TOEFLなどの受験,コンピュータ能力(情報処理技術者試験の受験)など学業以外に,他の人とは一味違うものも身につけて下さい.特に就職に臨むまでに英語力とコンピュータ能力を身につけるように努力して下さい.部活動で国際大会や国内大会に出場し,入賞することもアピールできる良い特徴になります.就職に臨むまでに英語力とコンピュータ能力を周りの人以上に身につけるように努力してください.

3. 自分の意見をはっきり述べることが出来るようになること

 就職試験では面接が非常に重視されます.内容を吟味して自分の意見を要領よくまとめ,それを面接官に分かってもらえるように表現することが求められます.日頃から,友達や先生との会話の中で訓練しておきましょう.

4. 出来るだけ留年しないこと

 人物本位を第一に,学業成績をそれほど重視しない時代になっているとはいえ,成績は悪いよりは良い方が好ましいに決まっています.ガリ勉になる必要はありませんが,勉学不良による留年は一番嫌われます.もし留年しても,部活動で国際大会や国内大会に出場し入賞するなど相手を納得させる理由が必要です.それも1浪1留までが限度です.

8-3 進路

 2013年度と2014年度の就職先を次に示します.2014年度は機械工業,重工関係もありますが,その中で自動車関係が非常に多くなっています.いずれにせよ,就職先はその時の経済状況の影響を受けますが,どの時代でも機械工学があらゆる産業分野で必要とされている基盤的な学問分野であることを表しています.

■2013年度

学部学生 大学院進学 43人,就職 29人
推薦応募 エイチアンドエフ,エネックス,東レ・ダウコーニング,フタバ産業,プラセス,北陸発電工事,ヤマザキマザック
自由応募 アイシン・エィ・ダブリュ,アイシン・エイ・ダブリュ工業,アマダ,エイチアンドエフ,エジソン,エツミ光学,小野谷機工,シークス,シャルマン,テクニカフクイ,JR西日本,日本精工,北陸電気工事,三谷設備,盟友技研,山金工業,金沢市役所,陸上自衛隊
大学院学生 進学 2人,就職 31人
推薦応募 IHI検査計測,アイシン・エィ・ダブリュ,アイシン・エイ・ダブリュ工業,アイシン精機,いすゞ自動車,荏原製作所,関西電力,中菱エンジニアリング,豊田自動織機,ダイキン工業,日産自動車,日立造船,福井村田製作所,ブラザー工業,ヤマザキマザック
自由応募 アイア 愛知製鋼,いすゞ自動車,ジャパンポリマーク,椿本チエイン,トヨタ紡織,ナブテスコ,ニチユ三菱フォークリフト,パナソニック,村田機械,メイテック,ヤマハ発動機,国土交通省北陸地方整備局,高岡市役所

■2014年度

学部学生 大学院進学43人,就職 31人
推薦応募 中菱エンジニアリング,ニチユ三菱フォークリフト,スズキ,マルスンなど
自由応募 アイシン・エイ・ダブリュ工業,トーエネック 福井鋲螺,シチズン時計マニファクチャリング,鈴秀工業株式会社,セーレン,モリタアンドカンパニィ,ホシザキ電機,Panasonic Malaysia,大同工業,前田工繊,小松製作所,小野谷機工,豊田鉄工,津田駒工業株式会社,オムロンソーシアルソリュ-ションズ,伊吹工業
大学院学生 就職 40人 進学0人
推薦応募 アイシン・エィ・ダブリュ,荏原製作所,関西電力,川崎重工,豊田自動織機,日産自動車,富士重工,マツダ,スズキ,ダイハツ,三菱自動車,日立造船,福井村田製作所,ブラザー工業,ヤマハ発動機, リンナイ,シャルマン,ジェイテクト,大同メタル,デンソウェーブ,椿本チェイン,住友電装,フタバ産業,日本特殊陶業,アスモなど
自由応募 アイシン・エィ・ダブリュ,アドヴィックス,エイチアンドエフ,ジャロック,YKK AP,小松製作所,近畿車輛,シャルマンなど

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 機械工学専攻 All right reserved.