福井大学 工学部・工学研究科>機械工学科・工学専攻>JABEE準拠教育プログラム>育成しようとする自立した技術者数と教育理念・目的

機械工学科
機械工学専攻

教育プログラム

JABEE準拠教育プログラム

育成しようとする自立した技術者数と教育理念・目的

 今まで,物作りは大量生産技術(効率優先の生産競争)に重点が置かれてきましたが,社会構造が変化し,また価値観も多様になる中で,人間と地球環境に配慮した合理性と効率性を重視した生産技術への変革が求められています.皆さんが社会で活躍する21世紀では,地球規模での資源の有限性および環境との調和に関わる工学・工業上の問題解決が,人類の存亡をかけた緊急の課題となります.また,生産に関わる材料技術,解析技術,設計技術,加工技術,計測技術,制御技術等の一層の高度化・細分化が進み,生産体制はコンピュータを駆使した通信網の発達で一地域に限られることなく国際的分業体制への移行が加速されます.

 このような社会・時代背景を考慮した機械工学科の教育では,モノづくりのための基礎学力・応用力の充実に加えて,国際化,情報化,学際化に対応する柔軟な思考力と,社会と工学に関心を持つ知性を養成することが非常に重要です.これらのことをふまえて,皆さんが入学した福井大学工学部機械工学科では,卒業数年後の自立した技術者像を下記のように設定しました.

<育成しようとする自立した技術者像>

 ニーズとコストを認識した上で,未知の問題に自立的かつ他者と協働して対応し環境と調和したモノづくりを実現できる能力を有し,倫理観を持って国際社会において活躍する機械技術者.

また本学科の<教育理念・目的>として以下のように掲げています.

 人が環境と調和した快適な社会生活を過ごすためのモノづくりに寄与できる機械工学教育を行い,次に掲げる機械技術者を養成する.すなわち,環境と調和したモノづくりのための基礎学力と応用力を有し,未知の問題に対応する能力を備え,倫理観を持って国際社会において活躍できる機械技術者を養成する.

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 機械工学専攻 All right reserved.