福井大学 工学部・工学研究科>材料開発工学科・工学専攻>教職員紹介

材料開発工学科
材料開発工学専攻

教職員紹介

エネルギー物質変換化学

研究室名 教員名 研究概要
無機材料化学 米沢 晋 フッ素修飾した金属酸化物についての電気化学的挙動の探求と電池活物質への応用に関する研究。
金 在虎 フッ素ガスなどの反応性ガスを用いた新規表面改質手法の開発および機能性材料の創出
有機化学 徳永 雄次 分子間相互作用を利用した有機反応制御と反応場の設定。機能分子の設計と合成,並びに,その高次構造の解明。
川﨑 常臣 有機合成化学を基盤とした不斉合成反応の研究。不斉自己触媒反応を用いたキラル化学研究。
高分子合成化学 橋本 保 カチオン重合による新構造高分子の合成,多官能性モノマーの架橋・環化重合,分解・リサイクル可能な高分子材料の開発
阪口 壽一 金属触媒重合による共役ポリマーの合成および気体分離膜材料への応用,新規高分子発光材料の開発
環境化学 内村 智博 環境汚染物質の迅速/一斉分析法の開発。レーザーイオン化質量分析法の高性能化,並びに材料分析への応用

インテリジェント材料

研究室名 教員名 研究概要
高分子構造 佐々木 隆 高分子の熱的物性や結晶化過程についての基礎研究と,それをふまえた高分子系インテリジェント材料の開発。
入江 聡※※ 有機結晶のエピタキシャル成長,固相重合に関する研究。
材料物性 田中 穣 高分子フィルム材料の延伸による構造変化と熱的性質との相互関係の解明。側鎖にシアノビフェニル基を持つ高分子液晶の熱的性質。
高分子化学 瀬 和則 リビングアニオン重合により非線型ブロック共重合体やポリマーアロイ(多成分型高分子)を合成して,高次構造に由来する緩和現象や電気物性やレオロジー挙動を解明する。

生産加工プロセス

研究室名 教員名 研究概要
高分子加工学 田上 秀一※※ 高分子流体の粘弾性流動、成形加工装置内外流れの計算機シミュレーション研究,および高分子材料の溶融混練と成形加工。
植松 英之※※ 多成分材料による微細構造制御に関する研究,高分子材料の流動制御と成形加工性制御への応用に関する研究。
化学工学 飛田 英孝 「つながりの科学」という視点からモノマーのつながりとしての高分子形成過程,人・社会・自然のつながりとしての環境問題や技術者倫理など幅広く研究を楽しんでいます。
鈴木 清 乳化重合・マイクロエマルション中での重合による高分子微粒子の合成とその重合の動力学の研究。
素材設計
中根 幸治※※ 有機-無機ハイブリッド材料の形成と応用に関する研究。
機能性ファイバーの開発
島田 直樹※※ ナノファイバー形成技術の開発。
ナノファイバーの表面改質と応用に関する研究

※印の教員は産学官連携本部所属

※※印の教員は大学院工学研究科繊維先端工学専攻所属
無印の教員は大学院工学研究科材料開発工学専攻所属

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 材料開発工学専攻 All right reserved.