福井大学 工学部・工学研究科>材料開発工学科・工学専攻>研究分野(講座・研究室)>エネルギー・物質変換化学講座

材料開発工学科
材料開発工学専攻

研究分野(講座・研究室)

エネルギー・物質変換化学講座

本講座では、無機、 有機、 高分子および環境に関わる物質の合成と反応を基礎とした機能性物質や材料の開発について教育・研究を行ないます。無機部門では、機能性無機材料と電気化学の新規分野の開拓を目指しています。有機・高分子部門では、有用な分子機能材料を創出するための分子設計、さらに物質変換の基礎と応用について研究します。特に、分子認識化合物・光機能分子の合成とバイオマスの機能化を、また、分子構造が精密に制御された新しい高分子材料の合成を行います。さらに、自然環境保全と環境動態の解明を目指し、 環境試料の分析に利用できる新しい計測法、分離法を開発するとともに、光による環境中の汚染物質の分解法についても教育・研究を行います。

研究室名 教員名 研究概要
無機材料化学 米沢 晋

(産学官連携本部)
フッ素修飾した金属酸化物についての電気化学的挙動の探求と電池活物質への応用に関する研究。
金 在虎 フッ素ガスなどの反応性ガスを用いた新規表面改質手法の開発および機能性材料の創出
有機化学 徳永 雄次 分子間相互作用を利用した有機反応制御と反応場の設定。機能分子の設計と合成,並びに,その高次構造の解明。
高分子合成化学 橋本 保 カチオン重合による新構造高分子の合成,多官能性モノマーの架橋・環化重合,分解・リサイクル可能な高分子材料の開発
阪口 壽一 金属触媒重合による共役ポリマーの合成および気体分離膜材料への応用,新規高分子発光材料の開発
環境化学 内村 智博 環境汚染物質の迅速/一斉分析法の開発。レーザーイオン化質量分析法の高性能化,並びに材料分析への応用
無機資源循環学 岡田 敬志 高温融体を反応場とした分離・合成・表面処理に関する研究。貴金属回収や環境浄化を目的としたリサイクル材料・機能性材料の開発。

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 材料開発工学専攻 All right reserved.