福井大学 工学部・工学研究科>材料開発工学科・工学専攻>教育内容>ジェネリック・スキル教育科目について

材料開発工学科
材料開発工学専攻

教育内容

ジェネリック・スキル教育科目について

 今,大学教育では「学士力」という言葉が重要なキーワードになっています。「学士」は大学を卒業した人をさし,学士力とは「大学卒業までに学生が最低限身につけなければならない能力」を意味します。福井大学工学部では,このような能力を習得してもらうため,平成22年度より「ジェネリック・スキル教育プログラム」を開始しました。ジェネリック・スキルとは,知的活動においても,また職業生活や社会生活においても必要となる「コミュニケーション能力」,「論理的思考力」,「問題解決力」などの汎用的技術を意味します。
 本プログラムでは,「工学リサーチⅰ」,「工学リサーチⅱ」,「工学創造演習ⅰ」,「工学創造演習ⅱ」という4つの科目(ジェネリック・スキル科目)を設定(想定)しています。実際には,ジェネリック・スキル教育科目は,各学科の専門教育科目として開講されます。学生諸君のジェネリック・スキル教育科目に対する積極的な取り組みを期待します。

ジェネリックスキル教育科目対応表(材料開発工学科)

開講科目名 想定するジェネリック・スキル科目 教育内容
大学入門セミナー
(個別講義の部分)
工学リサーチⅰ 調査課題により,情報調査・統合,レポート作成,プレゼンテーションのスキルの修得を目指す。
基礎科学実験 工学リサーチⅱ 実際の製品を対象とした問題解決型課題によりグループ討論を行いながら,チームワーク力,コミュニケーション力の修得を目指す。
初等化学/初等物理 工学創造演習ⅰ 製品の考案・製作を目指した問題設定・解決型課題により,創造性,柔軟性,批判的思考力,時間管理力の修得を目指す。
材料化学実験 工学創造演習ⅱ 「工学創造演習ⅰ」の内容に加えて,さらに自立性,自己管理力,計画性を加えた総合的なジェネリック・スキルの確立を目指す。

※各開講科目の教育内容は,シラバスをご覧ください。

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 材料開発工学専攻 All right reserved.