福井大学 工学部・工学研究科>材料開発工学科・工学専攻>教育内容>学科の教育方針(理念、目的)

材料開発工学科
材料開発工学専攻

教育内容

学科の教育方針(理念、目的)

 材料開発工学科は、応用化学分野の基礎学問である数学、物理学、物理化学、有機化学、無機化学、分析化学、高分子化学、熱力学、移動現象論などを土台とし、資源・環境問題を認識しつつ国際的な視点から主体的に新素材開発に取り組める技術者を育成することを目的とする。

学習・教育目標

学位授与の方針(Diploma policy) 教育課程編成・実施の方針(Curriculum policy)
材料開発工学科では、以下の能力を有した「夢を形にする技術者、Imagineer」を育成し、社会に送り出します。 Diploma policyに掲げる能力を有したImagineerを育成するため、以下の方針に沿って教育を行います。
DP1【幅広い視野】
技術者として社会に対する責任を自覚し、社会や自然環境への影響を考慮しながら工学的課題に取り組む能力を有している。
CP1-1(グローバルな視点)
自然科学分野に加え、人文・社会科学の幅広い学習を通じて、グローバルな視点から物事を考える能力を育成する。
CP1-2(社会と環境への影響)
科学技術が社会および地球環境・資源に及ぼす影響・効果を理解する能力を育成する。
DP2【高い専門技能】
材料開発工学分野の技術者として十分な基礎知識と問題解決への応用能力を有している。
CP2-1(数学・自然科学)
数学、自然科学に関する知識を修得させ、それらを応用する能力を育成する。
CP2-2(材料開発工学技能)
材料開発工学に関する基礎的及び専門的知識を修得させ、それらを問題解決に応用する能力を育成する。
DP3【優れた判断能力】
十分な論理的思考能力と工学的設計能力を有しており、自らの考えを論理的にわかりやすく表現でき、かつグローバルに活躍できる能力を有している。
CP3-1(デザイン能力)
種々の科学、技術及び情報を活用して社会の要求を解決するためのデザイン能力を育成する。
CP3-2(コミュニケーション能力)
論理的な記述力、口頭発表力、討議等のコミュニケーション能力を育成する。
DP4【高度な実践力】
主体的かつ継続的に学習し、他者とも協働して計画的に問題解決に取り組める能力を有している。
CP4-1(自主性)
自ら目標を設定して、継続的に学習に取り組む能力を育成する。
CP4-2(計画性)
自立して計画的に仕事を進め、期限内に完了できる能力を育成する。
CP4-3(協調性)
他者と協力して効率よく問題解決に取り組む能力を育成する。

特長

化学と物理を基礎にした幅広い講義構成

化学と物理を基礎として、環境の科学と分子設計、合成、物性、加工、製品設計などの材料開発に必要な幅広い基礎知識を組織的に学べる講義を設けました。

時間と内容の豊富な実験

実験の時間を増やして、材料を身近なものと感じられるようにしました。

最先端が学べる卒業論文

最先端の研究課題を卒業研究に取り入れ、学生が自ら問題解決できる能力を持てるようにしました。

手厚い少人数教育

卒論着手までの期間、学生のお世話をする「助言教員」について、当学科では各教員が数名ずつの学生を担当し、目の行き届いた教育・指導を行う体制を整えています。

ご参照下さい

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 材料開発工学専攻 All right reserved.