福井大学 工学部・工学研究科>材料開発工学科・工学専攻

材料開発工学科
材料開発工学専攻

2016年度の工学部の改組に伴い、
材料開発工学科・専攻の全ての研究室は、
「物質・生命化学科」に所属します。
2015年度以前の入学生は材料開発工学科に所属します。
2016年度以降の入学生は「物質・生命化学科」に所属します。


【新技術と人・地球環境との調和を実現するキーテクノロジー】

「材料」が関わる革新的技術は、ナノテクノロジー、バイオ、情報通信技術、エレクトロニクス、エネルギー工学、土木・建築技術、機械工学、ロボット工学などのあらゆる工学分野にわたります。「材料」はこれらの新技術と、人や地球環境との調和を実現するキーテクノロジーでもあります。

【化学を中心とした幅広い基礎学問が土台】

材料開発工学は、化学を中心に物理・数学・生物など幅広い基礎学問を土台として、化学製品の合成から、物性、応用、生産・加工技術に至る一連のプロセスを環境と人間の関係を視野に入れながら開発する工学分野です。当学科では、化学製品の川下から川上までをカバーできる教育と研究を行っています。

【柔軟な発想と知的好奇心で新素材を作り出す】

資源・エネルギーの枯渇と地球環境問題の深刻化という社会状況に立ち向かい、材料開発を通じて豊かな良い社会づくりに貢献するには、従来の枠組みにとらわれない柔軟な発想、エネルギッシュな知的好奇心も必要です。夢のある新素材開発を通じて前人未踏の諸問題に挑戦する研究者・技術者を育成します。

2016年01月17日

2016年4月「物質・生命化学科」へ

工学部の改組に伴い、材料開発工学科・専攻の全ての研究室は、「物質・生命化学科」に所属します。

2014年04月1日

新HP!

2014年4月1日より、新しいHPに更新しました。

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 材料開発工学専攻 All right reserved.