福井大学 工学部・工学研究科>情報・メディア工学科・工学専攻>教育方針と学習教育目標

情報・メディア工学科
情報・メディア工学専攻

教育方針と学習教育目標

情報・メディア工学科がカバーする学問分野

情報・メディア工学科は,コンピュータのハードウエアからソフトウエアにまたがる広い分野を系統的に扱う学科です。より高性能なコンピュータシステムの構築,コンピュータ言語,システムソフトウエア,情報通信や画像・音声情報処理およびマルチメディア全般に関する基礎技術の習得を目指し,バランスの取れた研究・教育を行います。

学科の理念

情報工学とメディア工学は,それぞれ大量の情報を効率良く正確・安全に伝達・蓄積・処理する技術と,人間の五感に訴える形の情報を表現・交換・処理する技術を扱います。両分野の技術の発展に支えられて,コンピュータとネットワークを取り巻く環境は急速に発達し,私たちの生活に多大な恩恵をもたらして来ました。今や生活様式や社会構造を根本から変えようとしていますが,この変化を豊かで安心できる高度情報化社会に結びつけることも,情報工学・メディア工学に課せられた重要な責務です。

情報・メディア工学科の理念は,これらの技術の発展を担う健全な精神と体系的な基礎知識を備えた人材の育成です。ハードウェアとソフトウェアの両面から情報工学,メディア工学およびそれらの融合分野の基礎から応用にわたる研究と教育を行い,新たな技術に向かって意欲的に挑戦する人材を育てます。

本学科では,この理念を達成するために,ディプロマポリシー(D・P),カリキュラムポリシー(C・P),及び学習・教育到達目標を定めています。
ディプロマポリシーとは学位授与の方針です。工学部を卒業した人には学士(工学)の学位が授与されます。「どのような能力を身に付けた人に学士の学位を授与するか?」を当学科として述べたものが以下のディプロマポリシーです。一方、カリキュラムポリシーとは教育課程編成・実施の方針であり,ディプロマポリシーを達成するためのカリキュラム編成・実施の方針を述べたものです。当学科のカリキュラムで学ぶ皆さんが,卒業時までに確実に身に付けておくべき知識・能力を詳細に示したものが学習・教育到達目標です(ディプロマポリシーの内容を詳しく述べたものと考えて頂いて結構です)。

ディプロマポリシー(修了認定・学位授与に関する方針)

情報・メディア工学専攻では以下のような博士前期課程修了生を社会に送り出します。

  • 情報,通信,メディア工学に関する高度な専門知識と関連する幅広い基礎知識,およびその応用能力を有している。
  • 情報に関する実世界の多様な問題に対する理解力・応用力・解決能力を有している。
  • 自律的学習力,自己表現力,相互理解力,討論力と国際性を有している。
  • 高度情報技術者としての社会・組織に対する倫理観および責任を自覚し,新しい技術の開発により社会の発展に貢献する意欲と実現力を有している。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

以下の方針に沿って教育を行います。

  • 情報,通信,メディア工学の高度な専門知識とその応用能力,および関連した幅広い基礎知識を身に付けさせる。
  • 実世界における工学的問題を発見し,そのモデル化を行い解決するための幅広い工学的視野と創造性を身に付けさせる。
  • 自主的かつ継続的な学習力,自己表現力,相互理解力,討論力および英語力など国際的にも通用する情報技術者として必要な資質を身に付けさせる。
  • 情報技術者としての社会・組織に対する倫理観及び責任感を涵養するとともに,新しい情報技術の開発に主体的に関わることで,社会の発展に貢献する意欲とその実現力を身に付けさせる。

学科の学習・教育到達目標

  • 数学・自然科学ならびに情報工学・メディア工学の基礎知識,およびその応用能力
  • 情報工学・メディア工学の専門知識,およびその応用能力
  • 問題を発見・整理・分析し,専門知識を用いて解決する能力,および与えられた課題に対する設計・創造能力
  • 情報工学・メディア工学が自然および社会に及ぼす影響・効果を多面的に理解し考察する能力
  • 自分の考えを的確に記述・表現・発表し,討論を行うためのコミュニケーション能力,ならびに外国語によるコミュニケーションのための基礎能力
  • 技術者としての社会および組織に対する責任を自覚する能力
  • 自ら学習目標を立て,自主的・継続的に学習する能力
  • 与えられた課題にチームで協力して取り組む能力

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 情報・メディア工学専攻 All right reserved.