福井大学 工学部・工学研究科>知能システム工学科・工学専攻>研究分野紹介

知能システム工学科
知能システム工学専攻

研究分野紹介

知能システム工学科・工学専攻では2つの講座があります。

知能創成講座へ未来システム創造講座へ

知能創成講座

非線形科学研究室

知能システム工学の基礎科学として、物理学の新しいパラダイムである非線形科学を中心に研究を進めています。

生体システム研究室

  • 村瀬 一之 教授

ヒトや生物が感じ、行動し、考えるメカニズムは何か、さらには「心」とは何かは永遠の課題です。それは各時代の要請や思想に応じて研究され理解されて、その時代の人々の生活に影響を与えてきました。現代は科学技術の時代です。我々は最新の科学技術で生物原理に挑み、また、応用する研究をおこなっています。

 

神経形態制御研究室

  • 小西 慶幸 准教授

神経回路の形成・維持に関わるシステムを分子レベルで明らかにすることにより、神経老化・神経変性疾患の機構の理解や、神経再生の手法発展に結びつく研究を目指します。

バイオシグナリング研究室(原子力)

  • 浅井 竜哉 准教授

放射線は目に見えませんが、ヒトの体を通り抜ける性質があります。その能力を利用して、体内の機能を画像としてとらえ診断することができます。ロボットを応用した自動薬剤製造装置の開発から、合成薬剤の分析、脳の代謝に関する研究、新しいがん治療法まで、医学と工学を融合させて、実際の医療に直結するような研究を行っています。

理と匠の研究室

  • 黒岩 丈介 准教授

知的システムについて、さまざまな手法をさまざまな対象に適用しつつ、研究しています。

人間学習システム研究室

  • 片山 正純 准教授

ロボットができないようなことでも、人は簡単にやってのけます。この高度な情報処理を実現している脳内メカニズムの解明を目指して、認知と運動、およびその学習の脳内情報処理メカニズムについて研究しています。

未来システム創造講座

ヒューマンインターフェース研究室

  • 小越 康宏 准教授

人間に限りなく近い知能を目指して!! 日本語や英語の文章、対話文をコンピュータに入力したり、文の構造や意味を解析するのに必要な自然言語処理を中心にヒューマンインターフェースを研究。

知能モデリング研究室(原子力)

  • 小高 知宏 教授

人間の複雑な知的活動を観察して、その裏に潜んでいる知能のメカニズムを推定し、知能のモデルを組み立てます。また、人間の知能のモデルを使って、コンピュータをより賢くする方法を探ります。

ロボティクス研究室

  • 浪花 智英 教授
  • 谷合 由章 講師

ロボットの頭脳と身体をつなげる働きを担うのが「制御」と呼ばれる技術です。人間の腕や手を模したロボットマニピュレータやロボットハンドは、遠心力などの非線形な力の影響を強く受ける非線形ダイナミクスに支配されますが、ロボティクス研究室では、その特徴をうまく利用することで学習や適応の機能を持つ知的な制御技術の開発に取り組んでいます。

インタラクティブ・ロボティクス研究室

  • 高橋 泰岳 准教授

「人間や環境とロボットの相互作用におけるロボットの行動学習・発達・進化や協調行動の創発・模倣学習の研究を行い,人間と共生・共存できる「人間共生システム」の実現を目指しています。」

マテリアル創製科学研究室

  • 庄司 英一 准教授

分子ナノスケールからメートルスケールまでのものづくり研究室として、機能性材料の新規開発、およびそれら材料の特徴を活か試作品の具体的な製作から、私たちの生活をより豊かに便利にするモノの開発に挑んでいます。人と機械の調和技術を目標として掲げ、例えば、高分子アクチュエータ(人工筋肉)の可能性を追求する「高分子メカトロニクス」、電子機器の可能性を広げる「ウエアラブル機器」、健康・高齢化社会に貢献する「ライフイノベーション機器」、身体障害者を支援する「障害者支援機器」、FDM高速3D造形をめざす「高速3Dプリンタ&フィラメント開発」、芸術分野への科学と工学から人と機械の協調をめざす「楽器演奏ロボット」などを具体的に開発しています。当研究室はマテリアルを軸としたものづくりが特徴です。妥協なしの横断的な知識と技術(ワザ)の追求による「創造力への挑戦」がモットーです。詳細は研究室のホームページやブログをご覧下さい。

知能ロボット研究室

  • 田中 完爾 准教授

ロボット視覚を対象とし、ロボットが人工の目を用いて、自身や周囲の状況を視覚認識するための人工知能・計算機科学の研究を行います。

計算機支援診断研究室

  • 長宗 高樹 准教授

骨や筋肉を中心とした計測・解析システムの開発を行い,人体の筋骨格系の理解を初めとして,手術支援又は診断支援システムの開発を目指して,日々研究を行っています。

光計測システム研究室

  • 藤垣 元治 教授

光や画像を使うと,離れたところから多くの情報が短時間で得られます。それを計測に応用すると,複雑な形状を持つ物体や人体などの三次元計測,遠くの橋やビルなどの大型構造物の微小な変位計測,さらにナノメートル程度の微小な変位を分布として捉えることで力学的な挙動の解明にも役立ちます。これらは,生産現場や医療分野,土木分野,研究開発現場など広く社会に貢献できる技術となります。本研究室では,光や画像を利用した計測手法として,三次元形状計測や構造物の変位・ひずみ分布計測を世界一高速化,高精度化することに取り組んでいます。さらにそれを知的で使いやすい計測システムや検査ロボットへ展開して,実用化することを進めていきます。これらを発展させ,新しい手法を生み出し,他とは違う光計測システムを提案していきます。

 ここう

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 知能システム工学専攻 All Rights Reserved.