福井大学 工学部・工学研究科>知能システム工学科・工学専攻>学習教育目標

知能システム工学科
知能システム工学専攻

学習教育目標

知能システム工学科について

「知能システム工学科」は,福井大学工学部の8番目の学科として平成11年4月に設けられました。それは新しい世紀に対応するために工学部を大幅に組み替え,情報・機械・電子・物理といった既存の学科の境界領域として生み出されたもので,日本で唯一,世界でもまれに見る学科です。

ヒトにやさしい社会を考えます

  • 今までの科学技術はなぜ非人間的?
  • これからの社会に必要な科学・技術は何でしょう?

ヒトとコンピュータとメカトロニクスを学びます

  • ソフトは脳?メカは身体?心はどこに?
  • 新しいタイプのソフトウェアやロボットの世界を開拓しましょう

ヒューマン・インターフェースを創造します

  • ヒトの心を持った、ヒトと共生するシステムは可能か?
  • コンピュータとメカトロニクスとヒトを知りましょう

境界領域にふさわしい構成でのぞみます

  • 情報・機械・電子・自然科学などといった従来の壁を取り払い,知能システムを教育・研究するためのユニークな構成を考えました

知能システム工学専攻(大学院)について

博士前期課程の「知能システム工学専攻」は,平成15年4月に設けられました。さらに「原子力・エネルギー安全工学専攻」が平成16年に新たに設置されました。「知能システム工学専攻」は、機械・電子・情報などのハードな工学から,生命科学・ 認知科学・複雑系科学などのソフトな科学まで,諸科学技術を総合する先端的 学際分野です。ヒトや生物の知能に関する機能・メカニズム を解明し,環境や人間に優しいロボットなどの知能的な人工システムを開発する教育研究を行います。

高度な専門的知識・能力に加え、工学の広い分野に対応できる総合力と資質を有する国際的にも通用する高度
専門技術者を 育成するため、以下の方針に沿って教育を行います。

  • 高度な専門的知識・能力、および専門に関連した幅広い基礎知識を身に付ける。
  • 創造力、自己学習力、問題発見・解決能力、コミュニケーション能力を併せた総合力を身に付ける。
  • 技術者として守るべき倫理や負うべき社会的責任を自覚する。

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 知能システム工学専攻 All Rights Reserved.