福井大学 工学部・工学研究科>知能システム工学科・工学専攻>カリキュラム案内

知能システム工学科
知能システム工学専攻

カリキュラム案内

知能システム工学科(学部)カリキュラム

段階的に学ぶカリキュラム

STEP 0 : 専門基礎科目
1.数学を学ぶ
線形代数Ⅰ・Ⅱ、微分積分Ⅰ・Ⅱ、応用数学Ⅰ、応用基礎数学、確率・統計
2.自然科学を学ぶ
力学Ⅰ・Ⅱ、電磁気学演習Ⅰ・Ⅱ、総合理数学Ⅰ・Ⅱ
3.他の専門について知る
他学科履修、副専攻科目群
STEP 1 : ヒトにやさしいシステムとは
1.社会体験も含め,ヒトを対象とするシステムのあり方を学ぶ
知能システム工学入門セミナー、知能科学、生命科学入門、基礎メカトロニクス
STEP 2 : 知能システムの要素とは
1.ヒトについて学ぶ
神経科学、自然科学概論
2.メカトロニクスの要素について学ぶ
計測工学、回路理論、エレクトロニクス、基礎メカトロニクス、メカトロニクス論、ディジタル回路、知能システム工学実験Ⅰ・Ⅱ
3.コンピュータの仕組みや使い方について学ぶ
離散数学基礎、計算機演習、計算機言語、計算機言語演習、計算機システム、製図・CAD演習、データ構造とアルゴリズム演習Ⅰ・Ⅱ
STEP 3 : 知能のなりたちとは
1.ヒトの知能と心の仕組みや働きを学ぶ
認知情報科学、基礎高分子科学、人間情報学
システムと制御の仕組みを学ぶ
システムダイナミクス、ロボットメカニズム、分散システム論、現代制御理論
3.コンピュータによる情報の処理と知能の生成について学ぶ

数値解析演習、信号解析、信号処理、グラフィックス演習、画像処理演習、人工知能基礎論、情報基礎論

STEP 4 : 知能を作る
1.ヒトの知能(知覚・運動・言語・認識・理解・感情)をまねたシステムの仕組みを学ぶ
計算神経科学、医用福祉工学、応用人工知能論、知能処理論、情報システム、ロボットダイナミクス、知能制御、知能システム工学実験Ⅲ・Ⅳ
STEP 5 : 知能を創る
1.未来の知能システムの開発や,未知の自然現象の解明にたずさわる
卒業研究ゼミナール、卒業研究

知能システム工学専攻(大学院)カリキュラム

知能システム工学専攻では、実習及び実験やゼミナールなど必修・選択必修の科目に加えて、他専攻の開講科目を含む幅広い選択科目から適した科目を選んで受講します。このため、工学研究科で実施しているプログラム・オブ・スタディ(POS)という制度を利用し、学生各々に応じたオーダーメイド方式の履修科目を複数の教官との話し合いで決定することで、学生一人ひとりに対し、より手厚い指導体制を提供します。

知能システム工学専攻の開講科目の例

知能創成講座

  • 神経情報処理論、複雑システム論、生物情報学、非線形システム論、生体システム特論、脳神経構造学、脳情報学、人間運動学習システム論

未来システム創造講座

  • ディジタル制御論、知識情報工学論、知的インターフェース論、言語処理特論、バイオメカニクス、バイオニクス特論、移動知能論、機械学習特論、最適運動計画特論

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 知能システム工学専攻 All Rights Reserved.