福井大学 工学部・工学研究科>知能システム工学科・工学専攻>ニュース

知能システム工学科
知能システム工学専攻

2018度以前

2018年6月7日 知能システム工学談話会のお知らせ

福井県立病院陽子線がん治療センターの概要と陽子線治療研究について: CT画像誘導装置による最適化陽子線照射方法の検討(予定)

講師:前田 嘉一 先生(福井県立病院陽子線がん治療センター)

日時:2017年11月28日(火) 11:00〜12:00
場所:福井大学総合研究棟Ⅰ(7階) 知能基礎演習室
概要:陽子線がん治療は水素原子の原子核である陽子を利用した放射線治療の一種であり、光子を利用したX線治療と比較して、よりがん病巣へ集中した線量分布を形成することができるため正常組織の障害を少なくした治療が可能である。より安全な陽子線治療の実践には病巣の位置や形状変化を追跡し確実に病巣へ線量を与えることが重要な課題となる。当院の陽子線がん治療センターでは2011年から治療を開始し、前立腺、肝臓、肺や頭頚部等のがんについて1000件以上の治療を行ってきた。2014年よりCT装置による画像誘導法を採用し、通常のX線画像では認識できない腫瘍の位置や形状を確認した高精度な治療を行ってきた。現在、蓄積した画像データを解析し臓器移動や変形を加味した最適な照射法について検討している。本報告では、陽子線治療の概要や研究開発、特に、CT画像誘導装置の研究とその画像データ解析や治療へのフィードバック法の検討について報告する予定である。

2017年11月24日 知能システム講演会のお知らせ

Classification and Optimization through Neural Networks and Swarm Intelligence Methods
講師:Muhammad Aminul Haque Akhand 先生(クルナ科学技術大学教授、福井大学客員教授)
日時:2017年11月28日(火) 11:00〜12:00
場所:福井大学総合研究棟Ⅰ(8階) 知能処理演習室

2017年10月24日 知能システム講演会のお知らせ

インタラクティブ・ロボティクス〜人に学び,人を理解し,人をサポートするロボット〜
講師:高橋 泰岳 先生(知能システム工学専攻)
日時:2017年10月31日(火) 11:00〜12:00
場所:福井大学総合研究棟Ⅰ(2階) 小2教室

2017年7月25日 知能システム特別講義のお知らせ

超並列計算
講師:井口 寧 先生(北陸先端大科学技術大学院大学 情報社会基盤研究センター)
日時:2017年9月7,21,27日
場所:福井大学総合研究棟Ⅰ(3階) ロボット工房計算機演習室
脳波計測技術について実習を交えて学びます
講師:高原 円 先生(福島大学 共生システム理工学類 人間支援システム専攻)
日時:2017年9月19,20日
場所:福井大学総合研究棟Ⅰ(7階) 知能基礎演習室
大学発ベンチャーの立ち上げ方と経営,うまくいったこと,うまくいかなかったこと
講師:森本 吉春 先生(4Dセンサー株式会社/和歌山大学名誉教授)
日時:2017年9月28,29日
場所:福井大学総合研究棟Ⅰ(4階) 知能システム演習室

2017年7月1日 知能システム談話会のお知らせ

染料分析で解ける謎、深まる謎
講師:毛利 千香 博士
日時:2017年7月3日(月) 17:45~18:45
場所:福井大学総合研究棟Ⅰ(2階) 総大2講義室
概要:高速液体クロマトグラフィーの普及と共に、3ミリ程度の糸一本でその染料の原料推定が可能となってきました。本発表では、東アジアの産物の染料分析から明らかにされたこと、また同時に深まった謎について発表いたします。これと合わせて、スミソニアン研究機構の紹介もいたします。

知能システム特別講義

モデル生物、線虫について
講師:木村 芳滋 先生(神奈川県立保健福祉大)
日時:2016年9月26−27日
場所:総合研究棟Ⅰ 7階 知能基礎演習室
マルチメディア活用
講師:岡本 勝 先生(広島市大・情報科学)
日時:2016年9月27−29日
身体性の認知神経科学
講師:嶋田 総太郞 先生(明治大・理工)
日時:8月9−10日

知能システム談話会

脳機能の細胞レベルの理解 ー数理科学からのアプローチの可能性ー
講師:三上 章允氏(京都大学・名誉教授、中部学院大学)
日時:2016年12月16日(金) 13:00~14:30
場所:総合研究棟Ⅰ 総合大一講義室
概要:脳の神経細胞は活動電位を発生することによって次の神経細胞へと情報を発信する。活動電位は細胞膜のイオンを通す孔が構造を変え、静止状態でマイナスの細胞内が一瞬プラスになることによって発生する。活動電位は特別な条件を除き、常に同じ波形(同じ持続時間と振幅)である。その意味で活動電位は、一種のデジタル信号と見ることができる。発生しない状態(0)と発生した状態(1)のどちらかの状態しかとらない。この仕組みは現代のコンピュータと似ている。異なるところは、ハードウェア自身が変化することによって学習する点にある。こうした脳の特性から考えて、脳は数理科学的アプローチに適した対象であると考えられる。講演では、学習課題遂行中の動物の脳内の神経細胞の活動電位の解析から記憶の情報処理に関連した脳の仕組みを推定する。
重力レンズを用いた最近の観測的宇宙論
講師:二間瀬 敏史氏(京都産業大学教授)
日時:2017年1月25日(水) 13:30~14:30
場所:総合研究棟Ⅰ 4F 知能システム演習室
講演内容:最近の観測的宇宙論の話題を初学者でも分かりやすく話してもらいます.

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 知能システム工学専攻 All Rights Reserved.