福井大学 工学部・工学研究科>知能システム工学科・工学専攻

2016年4月の工学部の改組により,知能システム工学科は機械・システム工学科ロボティクスコースとなります。受験生の方は機械・システム工学科のページをご覧ください(機械・システム工学科のページヘ)

「知能システム工学科」は、福井大学工学部の8番目の学科として平成11年4月に設けられました。それは新しい世紀に対応するために工学部を大幅に組み替え、情報・機械・電子・物理といった既存の学科の境界領域として生み出されたもので、日本で唯一、世界でもまれに見る学科です。

「知能システム工学科」が必要とされた理由は、いままでの工学部は「モノをいかに効率的に造るか」を求める分野が中心なのに対し、これからの社会では「いかにヒトと共生できるか」を追求した新しいタイプのソフトウエアや機器が、生活や生産の場に入ってくることが明らかだからです。

それらを設計するにはマルチメディアやメカトロニクスに詳しいとともに、ヒトそのものについても知る必要があります。
そこで、コンピュータやメカトロニクスが駆使できるとともに、ヒトについても詳しい総合的な思考ができる新しいタイプの科学技術者の養成をめざして、「知能システム工学科」が設立されました。そこには、従来の情報・機械・電子工学科にある、計算機のハードウエア、機械の素材、半導体などの分野はありません。そのかわり、計算機ソフトウエア、知識情報、メカトロニクス、ロボット、計測、制御システム、人間情報、複雑系科学などの分野が総合されています。

つまり、「知能システム工学科」には、ヒトや生物に学んだ知能を持ったシステムをいかにつくるか、ということに関係のある分野が従来の枠にとらわれずに集まっているわけです。これは言い換えると、現在、科学技術のいろいろな分野で必要とされている非決定論へのパラダイムシフトに対応した新しい科学技術の基礎と応用を一貫して学ぶことができる先進的・前衛的な学科でもあるということです。

だれにでも利用できる「情報通信」、高齢化社会の「医療福祉」、豊かなくらしを求める「生活文化」、より人間的な工場をめざす「新製造技術」などに関係した分野はこれからますます重要になっていきます。20世紀を大量生産の時代とすると、21世紀は共生の時代といえます。

「知能システム工学科」はこの21世紀の中心となる科学技術を担う若者をはぐくみます。

ニュース・お知らせ

◆2018.6.7 知能システム工学談話会のお知らせ
◆2018.4.1 後藤優太助教が着任されました

 

2017年度以前分はこちら

 

受賞について(2017年度)

東 佑樹(M1),2018年3月24日,関連HP
IEEE SMC名古屋支部 学会発表賞
IEEE SMC2017(カナダで開催)における発表とその準備に関して表彰されました。

 

赤塚優一(M2),2018年3月23日,関連HP
学長表彰
修士論文に対して学長表彰が授与されました。

 

今井佑輔(M1),2018年3月,関連HP
2017 年度電気関係学会北陸支部連合大会 情報処理学会優秀論文発表賞
ネットワークゲーム化による異文化教育支援方法の検討

 

細見昴示(M2),2018年3月, 関連HP(PDF)
2017 年度電気関係学会北陸支部連合大会 電子情報通信学会優秀論文発表賞
Twitter のリプライに表出する感情分析(講演番号:F2-8)

 

Huaxin Zheng(M1),2018年3月, 関連HP(PDF)
2017年度電気関係学会北陸支部連合大会 電子情報通信学会優秀論文発表賞
Availability of Recycling Mechanism of Genetic Algorithm in Mutiple Knapsack Problem

 

小松哲幸(M2),2018年3月, 関連HP(PDF)
2017 年度電気関係学会北陸支部連合大会 電子情報通信学会優秀論文発表賞
ワイプ操作に潜在する無意識的特徴のストローク長依存性

 

石川達大(M1),2017年12月,関連HP
Mashup Awards 2017 協賛企業賞(イベントパートナー賞)受賞
全国レベルのソフトウェアコンテストであるMashup Awards 2017において,小高研M1(知能システム専攻)の学生(石川達大)が協賛企業賞(イベントパートナー賞)を受賞しました。本賞は,参加者4000人のうち上位80件に贈られる賞です。

 

阪井凌也,松宮望,清水大貴(B4),2017年12月,関連HP
ふくいソフトウェアコンペティション 協賛企業賞(株式会社ネスティ及び北電情報システムサービス(株)の2社より受賞)(阪井),奨励賞(松宮,清水)
ふくいソフトウェアコンペティションにおいて,小高研B4の学生(知能システム工学科)が協賛企業賞及び奨励賞を受賞しました。

 

坂野琢弥(M2),2017年11月8日,関連HP
Best Paper Award
2017年11月6日〜8日に台湾(台南市)で開催された18th ISOT 2017 Taiwanで発表した内容に対して,73件の口頭発表の中でのトップの1件として,International Society for OptomechatronicsからBest Paper Awardが授与されました。

 

Jun Wang(D2),2017年11月4日,関連HP
IWACIII 2017 Session Best Presentation Award
2017年11月2日から5日にかけて中国の北京で行われたThe 5th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII 2017)にて口頭発表し,その発表内容について表彰されました。論文題目は「A Low-Cost Light Based Self-Localization System with Repeated Landmark ID for the Indoor Mobile Robot」でした。

 

Jian Mi(D2),2017年11月4日,関連HP
IWACIII 2017 Session Best Presentation Award
2017年11月2日から5日にかけて中国の北京で行われたThe 5th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics (IWACIII 2017)にて口頭発表し,その発表内容について表彰されました。論文題目は「Motion Representation for Humanoid Robot Based on Gaussian Process Dynamical Models」でした。

 

小沼 遼(M2),浜崎琢司(M2), 清水大貴(B4),2017年9月11日,関連HP
平成29年度電気関係学会北陸支部連合大会・情報処理学会・優秀論文発表賞
平成29年度電気関係学会北陸支部連合大会における研究発表について,情報処理学会より優秀論文発表賞が授与されました。

 

村井翔太(M1),粥川優騎(M1),村田章人(M1),岸本 匠(M1),FANG YICHU(M1), ZHENG HUA XIN(M1),2017年5月7日
ロボカップジャパンオープンン2017 日本ロボット学会賞
自律サッカーロボットの競技会であるロボカップジャパンオープン2017において,サッカー標準プラットフォームリーグで福井大学チームが取り組んだロボットの制御について「リスク回避に基づく少数のプレイヤーのチーム戦略に関する研究」として評価され,表彰状を頂きました。

 

青池啓太(M1),2017年4月1日,関連HP
IEEE SMC名古屋支部 学会発表賞
IEEE SMC2017(ハンガリーで開催)における発表とその準備に関して表彰されました。

 

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 知能システム工学専攻 All Rights Reserved.