福井大学 工学研究科>繊維先端工学専攻>繊維先端工学講座>バイオミメティク工学分野

繊維先端工学専攻

繊維先端工学講座

バイオミメティク工学分野

 微生物とヒトとの関わりを重視し、微生物および微生物酵素の役割と特徴を把握することによって、酵素蛋白質のレベル、あるいは酵素遺伝子のレベルから酵素による触媒反応のしくみを分子的に解明し、得られた知見を基に新たな生体分子反応システムを設計・構築することを目標に研究を進めています。具体的には、臨床・環境・プロセス計測などにおいて識別素子として用いられる酵素やレセプタータンパクの蛋白質工学による解析と改良や新規の電子伝達物質の創製を行い、これらを組み合わせた分子デバイスの開発やバイオセンシングシステムの構築を行っています。これらの反応系に用いる新規酵素の探索からやタンパク質などの生体機能高分子の遺伝子レベルで改変することにより新しい機能を有する子変換生体素子の創成を行っています。さらに、これらの生体触媒素子の環境にやさしい技術(バイオリファイナリー、エコフレンドリー繊維加工、バイオレメディエーショオン)への展開も含めて研究を進めています。

研究テーマ

  • 細胞表層工学による有機リンヒドラターゼ(OPH)及び蛍光タンパク(GFP)の酵母細胞表層への発現と有機リン検出システムの構築
  • フルオロアルカン分解細菌由来の脱ハロゲン呼吸酵素遺伝子の検索
  • MRSA、レジオネラ菌、食品産地・原料同定のためのDNAバイオセンシングシステム
  • コンビナトリアル変異による新規タンパク質の創成

末 信一朗 教授

専門分野: 生体高分子化学、生命機能工学
担当授業: 生命電気化学 (博士前期)

藤田 聡 准教授

専門分野: ナノ材料・ナノバイオサイエンス
担当授業: 生体材料化学 (博士前期)

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 繊維先端工学専攻 All right reserved.