福井大学 工学研究科>繊維先端工学専攻>研究分野紹介>繊維材料科学

繊維先端工学専攻

繊維先端工学講座

繊維材料科学

 材料開発の方法は,①全く新しい材料を合成すること,②二種類以上の既存の材料を上手く混ぜ合わせることに大別できます.当グループでは②の観点から,素材間の相互作用を利用して,有機-無機ハイブリッド材料,生分解性高分子ブレンド材料,生体触媒固定化材料などの複合材料の開発を行っています.また,開発した複合材料を,フィルム,マイクロファイバー,ナノファイバーなどの形状にして,その特性や用途開発を検討しています.近年では,溶融型エレクトロスピニング法の開発,溶媒型エレクトロスピニング法を駆使した高性能・高機能ナノファイバーの開発を活発に行っています.

研究テーマ

  • レーザー溶融静電紡糸法の開発
  • 機能性ナノファイバーの開発
  • 導電性繊維材料の開発
  • 有機-無機ハイブリッド材料(フィルムおよびファイバー)の創製と特性評価
  • 生体触媒固定化ファイバーの開発
  • 前駆体法による無機ファイバーの開発

中根 幸治 教授

専門分野: 高分子材料化学
担当授業: 繊維材料工学特論 (博士前期)、先端繊維科学特論 (博士後期)

島田 直樹 助教

専門分野: 繊維工学、高分子物性

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 繊維先端工学専攻 All right reserved.