福井大学 工学部・工学研究科>建築建設工学科・工学専攻>研究分野紹介>建築構造工学分野

建築建設工学科
建築建設工学専攻

研究分野紹介

建築構造工学分野

小林克巳 教授

機能的で安全な建物にすることが目標です。特に、世界で頻発する大地震で建物が倒壊し、大勢の人の生命が奪われることは地球規模 の深刻な問題で、災害を軽減するための技術開発も研究分野に含まれます。実験手法とコンピュータシミュレーションを用いて新しい構造システムとその設計法・構造法などを提案すること、建物調査を行って耐震安全性を判定すること、安全にするための耐震補強方法の研究などを行っています。

杭と建物の接合システムと設計法の開発図面
杭と建物の接合システムと設計法の開発
2010 年チリ大地震写真
2010年チリ大地震被害建物調査

石川浩一郎 教授

【スペースフレームの性能設計と検証法】
a) EP 単層ラチスシェルによる屋根面地震荷重伝達性能の向上及び天井材の落下防止を目指した耐震補強
b) シェル・空間構造の画像データベース ALOSS(Album of Space Structureshttp://www.aloss.jp/) の構築の拡充・整備
c)二層立体ラチス構造の動的挙動と耐震性能評価

【建築物の耐震・制振に関する性能設計と検証】
a) 鋼材ダンパーを有する木造耐力壁の実用化
b) 応答予測法に基づく損傷制御設計

木造建築物の制振技術実用化説明図
木造建築物の制振技術実用化

EP単層ラチスシェル構造図
EP単層ラチスシェル構造

HP シェル構造写真
HP シェル構造

   

磯 雅人 准教授

鉄筋コンクリート構造物の地震挙動は,不明な点が多くあります。それらの挙動を実験 または解析的手法により明らかにするための研究を実施しています。また,近年は,環境保全が強く叫ばれており,健全な循環型社会の構築を目指して,再生骨材コンクリートの研究なども実施しています。さらには,鉄筋コンクリート構造部材の損傷を軽減し, 長寿命化させるなど,高性能・高耐久な部材の開発なども行っています。

袖壁付き RC 柱の実験風景写真
袖壁付き RC 柱の実験風景

井上圭一 准教授

建築構造に関わる解析的、実験的研究を行っています。鋼構造建物の柱脚の浮き上がりを許容した制震構造の地震応答低減効果に関す る解析的研究、有限要素法を用いた構造部材の振動解析モデルの開発、袖壁にエネルギー吸収能力を有する制震パネルを利用した制震構造の開発などを行っています。種々の建築物の地震応答性状を解明すること、地震災害低減のための技術開発に貢献することを目標にしています。

制震袖壁パネル付柱の試験体写真
制震袖壁パネル付柱の試験体

柱脚浮き上がりを考慮した解析モデル図
柱脚浮き上がりを考慮した解析モデル

柱脚浮き上がりを考慮の有無による地震応答の比較グラフ
柱脚浮き上がりを考慮の有無による地震応答の比較

   

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 建築建設工学専攻 All right reserved.