福井大学 工学部・工学研究科>建築建設工学科・工学専攻>カリキュラムとコース案内

建築建設工学科
建築建設工学専攻

カリキュラムとコース案内

本学科では、1年から2年前期までの1年半は全員が共通教育と専門基礎を学び、2年後期から3年後期までの1年半は2 コースに分かれてより専門的な内容を学びます。そして4年生の1年間は、個々に研究室に所属し、指導教員のもとで卒業研究を行います。

本学科では、学生の個性に対応しながら少人数教育を実現するため、緩やかなコース制を採用しています。 すなわち、最初の 1.5 年間は総合的な問題意識と基礎学力を身につける期間であり、学年全員を対象にした授業を行いますが、 その後の 2.5 年間は「建築学コース」と「建設工学コース」の 2 つのコースに分け、それぞれの目標に応じた授業を行います。 ただし、本人の関心と努力しだいでは他コースの授業も選択可能です。
また、学外での作品・現場見学を初めとする社会体験や上級生や社会人との交流の機会を増やすなど、 幅広い学習と人間的成長の機会の創出を図っています。

建築学コース

生活環境を「建築」のスケールでとらえ再構成するための技術の確立を目指しています。 古代から建築は「用」「強」「美」の3つの要素をあわせ持つ総合的な術(わざ)として発展してきましたが、 近代技術の高度化は「専用分化」の側面が進んで「総合的な術」としての性格が希薄化する傾向が見られました。 本コースでは、工学及び人文・社会科学を含む多 様な知識を建築スケールで総合化することを重視し、 演習や実習を中心とする創造的カリキュラムを用意しています。

建築工学コース

「都市」「地域」「国土」といった多様なスケールで生活環境の問題をとらえ、 総合的な観点から地域生活空間を建築するための技術の確立を目指しています。21世紀の豊かな地域生活空間を生み出すためには、「まちづくり」の動きに見られるようにさまざまな人々との連携が必要であり、また、環境共生を達成するためにもさまざまな分野の知恵が 必要とされています。本コースでは、自然科学から社会科学の視点まで、地域的視点から国際的視点まで、幅広い知識を総合化することを目指した多様かつ系統的カリキュラムを用意しています。

1年~4年次コース一覧表

新入生合宿研修写真
新入生合宿研修(三国町、2009年度)

演習風景写真
3F アトリエでの演習風景

測量実習風景写真
測量実習風景

建設中の高速道路の現場見学写真
建設中の高速道路の現場見学

都市模型を使った設計演習の講評会の様子写真
都市模型を使った設計演習の講評会の様子

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 建築建設工学専攻 All right reserved.