福井大学 工学部・工学研究科>物理工学科・工学専攻>学習教育目標

物理工学科
物理工学専攻

学習教育目標

1.教育理念

 近年の急激な技術革新は,新しい知識,技術を生涯学び続け,常に技術革新に 柔軟に対応する能力をもった人材を要求しています。さらに,わが国の工業技術は従来のキャッチアップ型から創造型へと転換することが要求されています。物理工学科では物理学を中心に自然科学,数理科学の基礎を学習し,物理学を学ぶ喜びを知ることを通じて,物事を広く基本に返って学び,考える習慣・能力をもった人材を育成します。また,これらの能力の育成を通じて,新しい問題や難しい課題に積極的に挑戦し,限られた資源・条件の中でも問題解決や創造を目指すことができる人材を育成します。

2.教育目的

 物理工学科では次の目的を達成することを教育の柱にしています。

  • 新しい知識,技術を自ら積極的に学ぶ人材の育成
  • 物事を基本に返って考える習慣・能力を持った人材の育成
  • 問題を広く多角的に捉えることができ,倫理観・バランス感党をもった人材の育成
  • 狭い専門領域にとらわれず,問題を解決し,新しいものやシステムを創造できる人材の育成

このために,次のような カリキュラム を用意しています。

3.物理工学プログラム

 物理工学科では,近い将来,日本技術者教育認定機構 (JABEE) の認定を受けることを目指しています。JABEEに認定されたプログラムを修了した学生には認定証が交付されます。これにより,卒業生の初級技術者としての質が保障されます。JABEE認定制度は始まったばかりで,まだ認定された教育プログラムは全国でもわずかです。物理工学科ではJABEE認定にむけて,「物理工学プログラム」をスタートさせました。JABEEは教師の立場で教育する目標(教育目標)だけではなく,学生の立場でどのような学習をしていくのかの目標(学習目標)を明確にして,その日標を達成しているかを審査する制度です。学生は入学時からその学習・教育目標をよく理解して,自分自身でその教育目標を達成しているかどうか,つねに把握しておく必要があります。認定審査では,学生を無作為に選んで面接し,教育目標を理解しているかどうか調べることになっています。表1・1に物理工学プログラムの学習・教育目標を示します。また,各科目と学習・教育目標の対応関係を表1・2に示します。
(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Education )

4.履修科目

 物理工学プログラム」に従って履修科目が定められています。図1・1に教育科目の体系図を示します。大きく分けて,共通教育科目と専門教育科目に分かれています。また、各科目の相互の関係についてはこちらを御覧下さい。

物理工学科での授業

 物理学を中心に、化学、数学の授業が開講されています。3年生までは講義・実験を通して、自然科学の様々な分野について、その基礎と応用を学びます。卒業研究で、理論物理や数学から、物性実験、高分子化学、コンピュータシミュレーションといった、幅広い分野を選択できるのは、物理工学科の大きな特色です。

1年生

 分積分や力学など、専門教育を受ける上で基礎となる科目の講義が中心です。保健体育や外国語などの他学部との共通科目も学びます。入学直後の4月には、新入生合宿が行われます。

2,3年生

 電磁気学や量子力学などの物理2,3年生学の基礎理論、工業と技術者など工学において重要な科目を、講義・実験を通して学びます。3年次には、インターンシッブという実際の企業で職場体験する制度もあります。また、工学部他学科の学生と一緒に学ぶ、環境問題調査隊、知能ロボット(ロボットコンテスト)、ビデオ制作科目が開講されます。

4年生

 年間卒業研究に専念します。卒業研究では、セミナー形式での専門害や論文の講読や、実験をします。成果を、卒業論文としてまとめ、2月の卒業研究発表会で報告します。

 遠赤外領域開発研究センター、超低温物性施設、原子力・エネルギー安全工学専攻などの研究室で、卒業研究を行うこともできます。

物理工学科学生交流ラウンジ「物理博物館」

 1年生から3年生までの学生を中心に、物理の楽しさを多くの人に知って貰いたいと様々な企画、展示を学生主体で行っています。知的好奇心をくすぐる様々な企画を準備し、実行していくことで物理学を実践し理解を深めます。さらに物理工学科の交流の場として機能しています。

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 物理工学専攻 All right reserved.