福井大学 工学部・工学研究科>生物応用化学科・化学専攻>本学科で研究を志す方へ>主な実験装置>キャピラリー電気泳動分析装置

生物応用化学科
生物応用化学専攻

本学科で研究を志す方へ

主な実験装置

キャピラリー電気泳動分析装置

装置の概要

キャピラリーの両端に30kV 程度の高電圧を印加して溶液中の成分を電気泳動分離し,その成分を吸光分析できる.

キーワード

分離法,検出法

装置の型

Agilent G1600A

購入年度

2002年

設置場所

工学部1号棟3階1-31435

主な仕様

1)印加電圧:0 から30 kV
2)試料注入法:加圧式
3)キャピラリー:標準50x365mm
4)検出器:UV-VIS ダイオードアレー検出器

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 生物応用化学専攻 All right reserved.