福井大学 工学部・工学研究科>生物応用化学科・化学専攻>本学科で研究を志す方へ>教員より

生物応用化学科
生物応用化学専攻

本学科で研究を志す方へ

教員より

各教員より、本学での研究を志す方への一言を述べていただきました。教員名の50音順で紹介します。

末 信一朗 先生(生命機能工学:教授)より

 本研究グループでは、「グリーンケミストリー」を指向した微生物・酵素の開発を研究しています。微生物や酵素に基づく技術は環境に優しいだけでなく、様々な利点を有しており、まさに21世紀の科学技術の根幹をなすと言っても過言ではないでしょう。ここでは、酵素の培養・探索技術、遺伝子組換え技術、生物電気化学技術などをベースとしてDNAやアレルゲンのセンシングを目的としたバイオエレクトロニクス、新機能を有するタンパクや細胞表層工学に基づく改変酵母等の創製などの研究ができます。

高橋 一朗 先生(生物有機化学:准教授)より

 本学のカリキュラムは,多岐に亙る化学関連分野に根ざすと共に,それを根として自らの判断の養成に活用できる最低線まで,網羅的に教える点に特徴があります。私の専門に限らず,分析化学,有機化学,物理化学,生物化学をはじめ多くの専門分野に於ける果実を応用しながら研究を進めていくことになりますので,いわゆる「リテラシー」に相当する知識や概念には,あらかじめ触れておいて頂ける方が適応し易いと考えます。短期間に全く新しい原理や技法を打ち出そうという熱意のある人は是非来て下さい!

寺田 聡 先生(分子生物物理:准教授)より

 本研究室では、細胞療法や人工臓器など、細胞生物学・分子生物学の知見を背景にした、医工学分野の研究を行っています。大学院生には、英語を用いた国際学会での発表を義務づけており、国際的な水準の研究と、海外でも活躍できる高いレベルの人材育成を目指しております。私たちと一緒に研究に取り組み、人類・社会の幸福に貢献しましょう。

堀 照夫 先生(応用物理化学:名誉教授)、久田 研次 先生(応用物理化学:教授) より

 生物の細胞膜と同程度の厚みををもつ有機超薄膜や光合成反応に似た光触媒システムについて研究しています。界面・表面の物理化学というキーワードのもとに、生物の機能を再現(あるいは凌駕)できるような人工システムの構築を目指しています。

三木 正雄 先生(分子生物物理:名誉教授)より

 物理や化学がきらいで、生物をやるというのではなく、物理や化学の基礎的なことを十分勉強し理解したうえでなおかつ生物機械の巧妙さに興味があり、実験に意欲のある学生が望ましい。実験は単に手足を動かすということではなく手足以上に頭を働かさなければならないので、体力も必要であるが、計画性、慎重さ、几帳面さ、それにねばりも必要である。トロポニンの発見者である江橋節郎先生は実験成功の重要3条件として、運、鈍、根をあげられた。

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 生物応用化学専攻 All right reserved.