福井大学 工学部・工学研究科>生物応用化学科・化学専攻>研究分野紹介

生物応用化学科
生物応用化学専攻

研究分野紹介

生物応用化学科における教育の目指すもの

 化学、生命科学、工学の広い専門分野の知識を身につけるとともに、専門以外の広い素養に基づく柔軟な思考力と使命感をもって、人類の将来を見据えた創造性豊かな科学技術者を養成することを基本理念とします。特に、自然現象を分子のレベルで解明し新物質を作り出す化学と、生物の機能の解明とその応用を図る生物化学との学際的領域を開拓し、真に豊かな社会の実現を目指す人材の育成を行います。

募集要項 福井大学生協 福井大学入試課 お問い合わせ
生物有機化学
新しい生理活性物質の合成やこれらの分子と生体を構成する分子との相互作用を研究しています。
高分子化学
グラフト重合およびリビングカチオン重合,リビングラジカル重合の研究を行っています。
応用物理化学
繊維加工技術から色素・界面・酵素の物理化学へ
分子機能化学
生体関連機能高分子および生体触媒で機能化した高分子の合成とそのバイオリアクターへの応用に関する教育研究
生物化学
微生物の可能性を追求して、微生物の生産する酵素を産業的に利用しようと、研究を進めています。
分子生物物理
動物細胞工学、特に細胞療法やバイオ人工臓器の実現を目指した研究を行っております。
生物プロセス工学
酵素および微生物に関するバイオテクノロジー、微生物・酵素を用いた環境浄化、新型バイオリアクターの開発
生命機能工学
研究のメインキーワードは、生命機能工学
バイオセンサ・微生物・酵素を取り扱っています
物質機能化学
文章が入ります。
 

ページの先頭へ

Copyright©福井大学大学院工学研究科 生物応用化学専攻 All right reserved.